競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 青葉賞

 

 本日の東京メーンはダービートライアルの青葉賞。この青葉賞はオープン特別から数年のうちにG3、G2と格上げされたレースで、近年ではシンボリクリスエスやゼンノロブロイなどの名馬が出走。出走メンバーの戦跡以上に注目すべきレースだと言えるだろう。
  しかしながら、恐らく予想ソフトが最も重視するファクターは過去の実績。重賞勝ち馬はもちろん、他にオープン勝ち馬もいないこのメンバーでは(6)アドマイヤメインが二枚も三枚も抜けた評価を得ることになる。
  予想勝率33%を付けた『カツラギ』をはじめ、『ダビジェネ』『C−Lex』に『馬券博士』など、九割以上が本命(6)アドマイヤメインで一致。このコースの逃げ馬成績はたしかに厳しいものがあるのだが、見るほうにそういった意識が強すぎるのか、逆に単勝回収率は平均の倍以上。トータルで考えるなら、むしろここは逃げ馬がお買い得なコースとさえ言える。
  鮮やかに逃げ切るか、大きく沈むか。恐らくはそういった形になるのだろうが、決して不利な舞台設定ではなく、能力的には断然。青葉賞は(6)から(2)(4)(13)(8)(7)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.