競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アンタレスS

 

 京都メーンのアンタレスSは、なかなかの好メンバー。ダート重賞路線での安定勢力複数頭を相手に、破竹の勢いで未勝利から準オープンまで駆け上がった(13)フィフティーワナーが挑む構図。一般的に連勝馬が準オープンの壁を乗り越えた時、それはすなわち重賞即通用という計算になる。
  しかしながら、そこに立ちはだかるのが(11)ヒシアトラスという頑強な厚い壁。『カツラギ』『ダビジェネ』『馬券博士』といった辺りがこの馬を最上位に推奨し、その予想勝率34%。13%(14)フィールドルージュや11%(16)エンシェントヒル、10%(13)フィフティーワナーらをまったく寄せ付けない評価を得た。
  重賞即通用のレベルとは言え、ここはあまりにも相手が揃いすぎか。(2)サカラートや(4)ピットファイター、(8)カフェオリンポスといった辺りも十分に重賞勝ち負けのレベルであり、アンタレスSは(11)から(2)(4)(14)(7)(15)への結論としたい。
  それに対して東京メーンのフローラSは、桜花賞出走もオープン勝ちも(10)テイエムプリキュアだけという惨状。こちらは(7)アイスドールから(15)(3)(12)(9)(18)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.