競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神大賞典

 

 阪神大賞典、いよいよ始動の(2)ディープインパクト。昨年の有馬記念で初めて他馬の後塵を拝し、今年は絶対的に君臨する王者ではなく、ひとつひとつ試練をクリアしていく年になるのだろうか。そういったことを見極める上でも、ここは注目すべき一戦となってくる。
  個人的な見解を述べれば、菊花賞も有馬記念も道中スムースさを欠く内容。あまり長距離には向いてないようにも見えた。しかしながら能力だけの話なら、格が違うと言わんばかりの『カツラギ』予想勝率58%。G1では2着に敗れても、G2なら押し切ってしまえるほどの能力差か。
  もちろん、この(2)ディープインパクト本命に異論を唱えるソフトはなく、2番手16%の(9)アイポッパーや3番手12%(3)インティライミらも寄せつけず。阪神大賞典は(2)から(3)(5)(1)(9)(7)への結論となる。
  中山メーンのスプリングSは、こちらも八割方の支持を集めた(3)フサイチリシャールが、予想勝率32%で他馬を圧倒。『C−Lex』が同馬を4番手にしか評価せず、(16)メイショウサムソンを推している辺り気になるが、こちらは(3)から(16)(10)(5)(1)(9)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.