競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - チューリップ賞

 

 いよいよ3月、クラシックへ向けてのトライアルが行われる時期となった。その先陣を切るのがチューリップ賞。まずは牝馬、桜花賞と同場同距離で行われる最重要トライアルレースだ。
  大波乱に終わった昨年の2歳女王戦ではあるが、そこを勝った(11)テイエムプリキュアは3戦3勝。今回人気が上昇するのは間違いのないところだが、それでもデビューから3戦、1度も人気に推されたことのない馬。1番人気となるかどうかは微妙なところだう。
  つまり、それだけ混沌とした3歳牝馬戦線。むしろ期待されるのは、オープンクラスへの出走経験がない1勝馬だろうか。これはチューリップ賞としてはかなり異例のことになる。
  そういった風潮の中、予想ソフトはやはり実績重視。『馬券博士』と『カツラギ』が(11)テイエムプリキュアと(9)ラッシュライフを本命に推し、『ダビジェネ』し『RacingWorld』は(10)タッチザピークを最上位に挙げてきた。
  紙一重ではあるが、『カツラギ』予想勝率は13〜16%の中に上位4頭がひしめく混戦、チューリップ賞は(10)から(8)(11)(9)(1)(3)の結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.