競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 平安ステークス

 

 京都メーンの平安ステークス、『カツラギ』は(10)ヴァーミリアンを筆頭に挙げてきた。2歳時にはラジオたんぱ杯を制した素質馬が、その後低迷するもダートに転戦して2戦2勝。ここは大きな期待が掛かるところだろう。
  しかしながら、その予想勝率は19%に止まり、18%(15)ワイルドワンダー、14%(7)ヒシアトラス、11%(14)ベラージオや10%(9)アンドゥオールに対してそれほど大きなアドバンテージはない。
  むしろ注目すべきはその(10)ヴァーミリアンでも(7)ヒシアトラスでもなく、(14)ベラージオか。『ダビジェネ』『馬券博士』に『C−Lex』など、予想ソフトの関心は間違いなくここに集まっている。
  穴系ソフトの推奨馬は初ダートの(11)タガノマイバッハや4連勝中の(1)マイネルボウノットで、この辺りは他に競合馬も多いことだから人気の盲点か。平安Sは(14)から(15)(10)(9)(11)(1)へ。
  中山メーンのAJCCは予想勝率は21%ながら、(6)グラスボンバーの『カツラギ』本命に『ダビジェネ』『C−Lex』『RW』などが賛同。こちらは(6)から(4)(10)(3)(2)(1)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.