競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アレキサンドライトステークス

 

 中山メーンのアレキサンドライトSには5頭のブライアンズタイム産駒が出走。中でも注目されるのはダートに替わって3連勝、別格の強さを見せる(2)タガノゲルニカと、早くから重賞級の器と目されてきた(15)トーセンブライトか。
  予想ソフトの本命票はこの2頭、真っ二つに分かれた。『C−Lex』と『ダビジェネ』が前者を推奨し、『カツラギ』『RacingWorld』が後者を推すという形だ。『カツラギ』予想勝率は(15)トーセンブライトの22%に対し、(2)タガノゲルニカは15%。その間に16%で(11)タイラントシチーが割って入る体勢。
  総合でも(15)トーセンブライトが若干リードし、(2)タガノは連勝馬にとっての壁となる、準オープン昇級での苦戦が予想される。『馬券博士』の筆頭推奨は(7)カオリノーブルで、この3頭の上位は不動。アレキサンドライトSは(15)から(2)(7)(11)(16)(8)への結論となる。
  京都メーンの万葉Sは、予想勝率33%の(7)アドマイヤモナークが『カツラギ』『C−Lex』の本命として一致。こちらはこれに対抗できそうな馬も見当たらず、次位混戦。(7)から(5)(3)(9)(8)(6)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.