競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップダート

 

 東京メーンのJCダート、『カツラギ』は予想勝率16%の(10)カネヒキリを筆頭に、15%(11)サカラート、12%(5)タイムパラドックスと三つ巴の見解を提示してきた。恐らくは人気上位となる3頭だが、抜けた1番人気が予想される(10)カネヒキリの回収率期待値はやや低いようにも映る。
  とは言え、その(10)カネヒキリ筆頭推奨には『ダビジェネ』や『RacingWorld』といった予想ソフトたちも賛同。総合ではこれが何の問題もなく軸馬という評価であり、『C−Lex』本命の(3)サンライズバッカスがそれに続く形となる。
  外国馬の能力指数が計算できないという予想ソフトの性質上、ここで挙げられるのは日本の馬のみ。もちろんその中には国内で出走している外国産馬も含まれるのだが、これらの名前はほとんど挙がらず、ジャパンカップダートは(10)から(3)(16)(4)(9)(7)へ。
  京都メーンの京阪杯は、予想勝率22%ながら本命は全会一致で(13)カンパニー。昨年2着の鬼脚の再現を期待すべき舞台だろう。こちらは(13)から(9)(3)(14)(7)(10)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.