競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エリザベス女王杯

 

 ハイレベルと噂される今年の3歳牝馬勢。その中でも三強の一角に数えられ、今もっとも勢いのある(11)エアメサイアが古馬を相手に1番人気に推されそうな風潮である。古馬開放元年から3歳馬の苦戦が続いていたこのレース、古馬G1級との対戦は実に興味深いものとなりそうだ。
  そして予想ソフトの評価だが、『カツラギ』『C−Lex』と『馬券博士』の3巨頭が本命(11)エアメサイアで一致。『ダビジェネ』本命(8)スイープトウショウも加え、『カツラギ』評価は予想勝率30%対20%で、3番手9%(17)レクレドール以下を多きく引き離しての一騎打ち。本命(11)エアメサイア、対抗(8)スイープトウショウはどの角度から見ても死角のない順位となっている。
  しかしながら、穴系ソフトの推奨馬は多種多彩。最新版『Queen』推奨の(6)メモリーキアヌを筆頭に、(9)クロユリジョウ、(5)オースミコスモ、(15)ウイングレットなど枚挙に遑がない。ならば大本命の一点目は元返し程度を覚悟で、エリザベス女王杯は(11)から(8)(15)(9)(5)(6)、ヒモ穴狙いでの勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.