競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 武蔵野ステークス

 

 東京メーンの武蔵野S、ここでの注目は何と言っても(8)カネヒキリか。ダート6戦すべて圧勝、無敗の三冠馬となったディープインパクトよりひと足先となる古馬との対戦も、問題ないと考えるのが一般的だろう。
  たしかに予想ソフト『カツラギ』も筆頭推奨は(8)カネヒキリ、しかしながらその予想勝率は先週ディープインパクトの55%には遠く及ばず22%。2番手11%の(14)マイネルモルゲンや3番手10%(9)サンライズキングには約2倍の差を付けているものの、それらと大差のつかない評価は意外に思う人も多いことだろう。
  さらに言うと『ダビジェネ』や『C−Lex』といった辺りは(12)トウショウギアを最上位に挙げており、(7)ドンクールを推す勢力も含めての三強体制といったところ。突出した馬はどこにも見当たらず、上位拮抗というのが予想ソフトの結論。武蔵野Sは(12)から(8)(7)(15)(9)(14)に流してみたい。
  京都メーンのスワンSは、予想勝率28%の(1)サイドワインダーが18%(5)チアフルスマイルを押さえての首位。こちらも上位は拮抗ムードだが、(1)から(17)(5)(10)(7)(18)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.