競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 菊花賞

 

 伝説的名馬誕生の瞬間となるか。第66回の菊花賞、注目は一点だけ。(7)ディープインパクトが勝つかどうかではなく、どういった勝ち方で無敗の三冠を通過するのか。もはや勝ち負けを超越した孤高の一頭といった風潮だ。
  予想ソフトの評価、これも説明するまでもなく(7)ディープインパクト一色。『カツラギ』評価は皐月賞の29%、日本ダービーの35%を大きく上回る55%。トライアルの弥生賞や神戸新聞杯も予想勝率は51%であり、この菊花賞はもはやトライアル扱い。他馬との能力差は一戦ごとに明確になってきていると言えよう。
  『ダビジェネ』『C−Lex』に『馬券博士』など、2番手3番手として多く名前が挙がったのは、やはり(4)や(11)といった人気どころ。(14)と(5)もこれに負けてはおらず、どう転んでも堅く決まる可能性大か。
  それでも競馬が競馬である限り、穴の可能性がゼロということは無い。穴馬券というものは堅いと思われている時こそ強烈な爆発力を秘めるものなのだ。その候補は『Queen』推奨(8)シャドウゲイトと(9)エイシンサリヴァン。菊花賞は(7)から(4)(14)(16)(8)(9)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.