競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 朝日チャレンジカップ

 

 開催場を中山と阪神に替え、本日の阪神メーンは秋競馬のプロローグとなる朝日チャレンジカップ。中心勢力となりそうなメンバーは夏競馬の延長線上だが、ここから始動する実績馬との対比、それこそが初秋競馬の楽しみであろう。
  予想ソフトの推奨は票割れしながらも、夏競馬の主役たちに集中。『RW』が(6)ワンモアチャッターを推せば、『C−Lex』と『ダビジェネ』は(8)ツルマルヨカニセと(3)エリモハリアーでこれに対抗。極め付けは『カツラギ』推奨(1)セフティーエンペラで、これら4頭はすべて夏に使われていた馬だ。
  『カツラギ』の示す(1)セフティーエンペラの予想勝率は19%で、それに続くのが18%(6)ワンモアチャッター、16%(3)エリモハリアーに14%(8)ツルマルヨカニセで、ここでも前記の4頭が主力を形成。唯一15%(9)サクラセンチュリーが4番手に割って入るだけである。
  穴系ソフトの一番手は(12)アグネスシラヌイで、何とこれも夏競馬の組。(1)(6)(8)(3)の4頭はほぼ横一線だが、僅かに抜け出す(1)セフティーエンペラ。朝日チャレンジカップは(1)から(6)(8)(3)(9)(12)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.