競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館2歳ステークス

 

 2歳戦最初の重賞となる函館2歳S。今年は前哨戦となるラベンダー賞の1、2着馬が出走しているにも関わらず、それらを問題とせずに人気を集めそうな馬が2頭。特に(11)アドマイヤカリブは群を抜くデビュー戦で、ここは単なる通過点と見る向きが多いようだ。
  ところが驚いたことに『カツラギ』の示す(11)アドマイヤカリブの予想勝率は21%。11%(6)モエレジーニアスや10%(5)チアズガディスには勝っているものの、さらにその遥か上、予想勝率46%に(7)ラッシュライフ。(11)アドマイヤカリブをも問題としない高次元に1頭が抜け出す評価となった。
  一応(11)アドマイヤカリブは『C−Lex』最上位であるものの、『馬券博士』や『ダヒジェネ』もそれぞれ本命に(5)チアズガディスや(1)シルクドラグーンの名前を列挙。これはまったく予想外の票割れと言ってもいいだろう。
  票数を総合すると紙一重でトップは(11)アドマイヤカリブとなるのだが、人気ほどの信頼感はとても感じられない状況。函館2歳Sは変則的に、(11)を薄めにした(11)(5)(7)(1)のBOXを結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.