競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - みなみ北海道ステークス

 

 函館メーン9Rのみなみ北海道Sには(9)ファストタテヤマや(2)ウイングランツといった重賞勝ち馬が参戦。この距離の非重賞としては割とメンバーが揃ったと言えるのではないだろうか。
  その中でも注目は二階級特進の重賞制覇後も大崩れのない(2)ウイングランツか。最新の予想理論で安定した的中率と『カツラギ』以上の回収率を誇る『C−Lex』が、真っ先にこの馬の優位性を主張してきた。
  しかしその(2)ウイングランツ本命に異論を唱えるソフトも少なくはない。大御所『ダビジェネ』は(5)ブリットレーンを最上位に推奨し、『カツラギ』と『馬券博士』は(8)アップルアローを本命としてきたのだ。たしかに騎手成績を見ると、圧倒的に内枠より外枠有利。
  特に『カツラギ』は(8)アップルアローの予想勝率を44%と提示し、19%(2)ウイングランツや11%(1)テイエムジェネラスらを寄せ付けない高評価。このコース連勝の力はこのメンバーに入っても見劣ることはない。
  大穴系予想ソフト『Queen』の推奨馬は(7)ゴーウィズウィンドや(5)ブリットレーンといった辺りで、みなみ北海道Sは(8)から(2)(5)(1)(3)(7)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.