競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エプソムカップ

 

 東京メーンのエプソムカップは別定戦になってから10年目。このレースが未だハンデ戦のような面影を引きずるのは、この距離レンジの一線級が前週G1安田記念に流れてしまうからだろうか。
  しかしながら今年は(13)サイレントディールが断然の気配。予想ソフトの観点からも『ダビジェネ』が(15)カンファーベストを本命とする他は、『カツラギ』『C−Lex』『馬券博士』など8割以上のソフトが(13)サイレントディールを中心に予想を組み立てる構図となっている。
  『カツラギ』の示す予想勝率は22%。単勝1倍台としては少々物足りないが、2番手13%(1)スズノマーチや12%(15)カンファーベストとは明確な差。エプソムカップは(13)から(1)(8)(12)(16)(5)への結論となる。
  中京メーンのファルコンSは、予想勝率26%の(16)シンボリグランが『馬券博士』と『カツラギ』の本命。こちらは『RW』(6)コスモフォーチュンや『C−Lex』推奨(2)ケイアイフウジンに多少票が流れているものの、それでも中心は揺るがず。(16)から(6)(2)(1)(7)(5)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.