競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 金鯱賞

 

 半信半疑ながら実績馬の復活が期待された春の天皇賞だが、結果は人気馬総崩れ。古馬長距離戦の勢力図はより一層混沌とし、明日に控えるディープインパクトの秋を待つまでもなく、古馬勢は3歳勢に蹂躙されるのではないかという心配まで囁かれはじめた。
  そういった中、昨年有馬記念以来の復帰となるのが(10)タップダンスシチー。一昨年まではシンボリクリスエス、昨年はゼンノロブロイと並び古馬の中核を担ってきた同馬が、ここは得意のコースで力の差を見せつける舞台となるか。
  予想ソフトの評価も足並みはまったく乱れず、『カツラギ』『C−Lex』に『馬券博士』など、全会一致で(10)タップダンスシチー。予想勝率43%の同馬が、25%(1)アドマイヤグルーヴと17%(3)ヴィータローザを従える形となる。
  『Queen』の展開予想は(10)タップダンスシチーの逃げに(5)シルクフェイマスがピッタリと付いてのハイペース。最後の直線ではどちらかが脱落し、そこで漁夫の利を得るのが(7)マーベラスダンスなどの差し馬勢。金鯱賞は(10)から(1)(8)(3)(7)(9)、一線級古馬の力強いレース振りを期待したい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.