競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 立夏ステークス

 

 東京メーンの立夏ステークス、『カツラギ』と『ダビジェネ』は(16)メジャーカフェを最上位に挙げてきた。予想勝率27%、新馬勝ちのダート路線に照準を定めての2戦目、鞍上にデザーモを迎えて、ここは必勝態勢ということか。
 『カツラギ』2番手は予想勝率19%の(4)ワイルドバンチで、3番手が10%(7)カイシュウマックス。『C−Lex』の推奨は(12)ステンカラージンで、上位評価はこの辺り。以下は4%〜7%に8頭が密集しており、立夏ステークスは(16)から(4)(12)(10)(6)(14)への結論となる。
 京都メーンの下鴨ステークスは予想勝率20%(8)ベストアルバムが『カツラギ』本命も、『ダビジェネ』『C−Lex』推奨の19%(5)ブラックカフェがこれを逆転。それに続く馬も16%(9)アスクジュビリーや15%(1)セイコーサンデーなど、上位は横一線と言えそうだ。
 大穴推奨『Queen』が注目するのは昇級後も大崩れしていない(10)エリモハリアーで、こちらは(5)から(9)(2)(1)(6)(10)へ。上位拮抗なら期待値重視、恐らく1番人気になるであろう(8)ベストアルバムを敢えて外すのも戦術かと思う。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.