競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)

 4歳5歳のクラシック好戦馬が安定した成績を残せず、混戦模様のまま本番を迎えてしまった春の天皇賞。一応は阪神大賞典組が人気の中核を担うことになりそうだが、勝ち馬よりも2着馬、2着馬よりも3着馬が人気を集めそうな辺りに混乱の色が窺える。
 前哨戦で負けた馬の方が人気になりそうなのは京都記念や日経賞、大阪杯も同じ。やはり敗れても好走の実績馬は軽くは扱えないということだろうか。しかしながら実績で言えば一番の(8)ヒシミラクル、これが予想ソフトにまったく評価されていないのだ。
 『カツラギ』予想勝率1%以下、18頭立て16番手という低評価は尋常ではないだろう。他のソフトを見渡しても(8)ヒシミラクルを6番手以内に挙げるソフトは皆無と言ってもよく、上位拮抗よりもこちらの方に驚いてしまった。
 拮抗した上位は(6)リンカーンと(3)アドマイヤグルーヴが票を分け合う形。予想勝率19%と17%の両馬に18%(13)アイポッパーと12%(10)スズカマンボが絡み、あとは『C−Lex』本命の(11)ハイアーゲーム。天皇賞は(6)から(3)(13)(10)(11)(17)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.