競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - オーストラリアトロフィー

 京都メーンのオーストラリアトロフィーには4歳新鋭から8歳古豪、牝馬4頭も含めて多彩なメンバーが集まった。その中でも一番の注目は、前走で復活の兆しを見せたサイレントディールだろうか。
 もちろん『カツラギ』『ダビジェネ』に『馬券博士』と、予想ソフトの本命はそこに集中。予想勝率にして23%、20%(8)のツルマルヨカニセと11%(13)ブラッドバローズがそれに続くも、軸としては申し分のない票を集めたと言えるだろう。
 『Queen』の展開予想は平均ペースで、落ち着いた流れからの前残りが濃厚。『C−Lex』は前走内容から(7)ナリタダイドウが十分勝負になると踏んで、これを本命に大抜擢。オーストラリアTは(10)から(3)(7)(13)(12)(4)への結論としたい。
 東京メーンの新スタンドオープン記念は、各予想ソフトの本命が一致しない大混戦。収集のつかないレースにもなりそうな気配だったが、そこで目立ったのが『カツラギ』本命(3)タイキアルファの予想勝率36%。これは2番手10%(5)ヒカルドウキセイ以下を大きく離しての高評価であり、ここは『カツラギ』と心中、(3)から(10)(14)(15)(5)(6)へ。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.