競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 皐月賞

 アグネスタキオンの再来か、三冠馬の期待に沸く皐月賞。もちろん主役は(14)ディープインパクトだ。前走弥生賞ではアグネスタキオンとの評価を徹底比較、この馬こそが真の最強という結論に達したのだが、今回はどうだろう。
 まず『カツラギ』の相対評価だが、弥生賞で50%だった(14)ディープインパクトの予想勝率が、今回は29%。アグネスタキオンは弥生賞が43%で皐月賞が32%だったのだが、むしろここは23%(13)ローゼンクロイツとの一騎打ち気配となっている。
 その暗雲気配は他のソフトからも垣間見え、『ダビジェネ』は(6)ビッグプラネット、『馬券博士』は(7)ペールギュントを最上位に推奨。『C−Lex』の後押しもあって総合一位はやはり(14)ディープインパクトなのだが、とても単勝1倍台前半の価値は感じられない。
 しかし『カツラギ』詳細を見ると、能力指数は決して低いものではなく、むしろ近10年では最高の56。つまり、全体的にハイレベルだということになる。通常の皐月賞なら勝ち負けになるレベルが7〜8頭。ハイレベルの混戦は望むところ、皐月賞は(14)から(6)(7)(4)(10)(15)の結論としたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.