競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 桜花賞

 春のG1本格始動の桜花賞、今年は微妙なラインで人気が割れることになりそうだ。前走トライアルや重賞を勝った馬が満足な支持を得られず、逆に敗れた(14)アンブロワーズや(15)エアメサイアがこれらに並ぶ人気。
  つまり4戦3勝馬や3戦3勝馬が結果を残した上で、前走敗った馬に敗れる可能性が高いという予想。通常形成されるオッズを考えるなら、これはまったく以って不可解な話である。
  そういった意味では、予想ソフトの評価は随分と正当な方向で収まった。『ダビジェネ』『C−Lex』の本命が(8)エイシンテンダー、『RacingWolrd』は(7)シーザリオを最上位に推奨。
  『カツラギ』の本命は予想勝率22%の(17)ラインクラフトで、この3頭が上位で不動。15%(15)エアメサイアや11%(2)ペニーホイッスルは、あくまで伏兵という位置付けでいいだろう。
  展開を予想する『Queen』は逃げ馬1頭のSペースという見解を示し、落ち着いた流れから前残りを警告。この点から推奨される穴馬は(10)テイエムチュラサンで、軸は(8)エイシンテンダー。桜花賞は(8)から(17)(7)(15)(2)(10)への結論としたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.