競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経賞

 昨年の菊花賞3、4着馬が激突する日経賞。G1馬不在はこの時期の重賞としては寂しい感もあるが、この両頭に加えて勢いのある4歳馬が多数集結。予想ソフトの評価も、そういった4歳勢が上位を独占する形となった。
  そういった中でも注目は、『カツラギ』『ダビジェネ』に『馬券博士』が推奨する(12)オペラシチー。予想勝率26%の同馬が、21%の(9)コスモバルクと20%(11)プラズマを従える。
  『Queen』の展開予想はスローペース必至とのことだが、それでもコース形体から狙いは先行と差しの組み合わせ。穴となるべきは歴戦の高齢馬であり、日経賞は(12)から(11)(3)(1)(8)(5)への結論となる。
  東上最終便となる毎日杯には、満を持しての(6)ローゼンクロイツがここに登場。ところが的中率ナンバー1の『カツラギ』が予想勝率29%でこれを推すも、他ソフトは軒並み4番手以下の低評価。ここは『ダビジェネ』『RW』本命の(2)コンゴウリキシオーが票を集める集計結果となった。
  こちらは平均ペースながら、自分のペースを守れる落ち着いた展開を予想。毎日杯は(2)から(11)(13)(1)(3)(10)へ。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.