競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - チューリップ賞

 2戦2勝のサンデーサイレンス産駒、(13)ディアデラノビアが圧倒的な人気を集めることになりそうな第12回のチューリップ賞。前走500万下とは言え、牡馬も相手にしてのマイル戦1番人気快勝は、牝馬戦なら軽く重賞レベルにあると考えられる。
 ところが『C−Lex』と『ダビジェネ』の主力予想ソフト2つは(13)ディアデラノビアよりも(3)エイシンテンダーを高く評価。同じ2戦2勝馬も、こちらは牝馬限定のスプリント戦。こういった逆転評価は予想ソフトならではのものか。
 しかしながら、『カツラギ』の本命は予想勝率35%(13)ディアデラノビアであり、この本命には『馬券博士』や『RacingWorld』も賛同。2番手27%(10)オリエントチャームとの一騎打ちが基本路線であり、これらを総合すると(13)(3)(10)の三つ巴となる。
 『Queen』の展開予想は平均ペースで、積極的に追走する馬が不在。流れとしては先行馬有利とのことで、そこから浮上する穴馬は(11)ダンツクインビー。チューリップ賞は(13)から(3)(4)(9)(11)に流し、馬複(3)(10)を押さえた5点を結論とする。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.