競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フェブラリーステークス

 真冬のG1決戦は新星誕生に期待の高まるフェブラリーS。もちろんその新星とは初ダートから2戦連続圧勝の(14)メイショウボーラーであり、前日オッズも当然のように同馬を中心に売れる形となっている。
 ところが予想ソフト『カツラギ』は、(14)メイショウボーラーの予想勝率を20%と表示。決して低い率ではないものの、22%(6)タイムと21%(3)アドマイヤに遅れをとっての3番手となった。
 しかしながら『カツラギ』を除く主要ソフト、『ダビジェネ』『C−Lex』に『馬券博士』などは、やはり(14)メイショウボーラーを完全支持。全体的に(14)(6)(3)の三つ巴傾向ながら、それでも(14)が首位評価の座を死守した形である。
 『Queen』の展開予想としては、(14)の単騎逃げで平均ペースを想定。(4)カフェオリンポスや(8)サイレンスボーイが追走するも(14)を突付くまでには至らず、先行勢には厳しい流れ。4角からの直線勝負、差し馬の台頭を予想している。
 それならば(14)にも厳しい流れということになるのだが、後続に突付かれないなら先頭だけは楽な競馬と考えることも可能。フェブラリーSは(14)から(6)(4)(11)(12)(1)への結論としたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.