競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都記念

 昨秋の雪辱を足すべく、打倒ゼンノロブロイに燃える面々が集う京都記念。その筆頭はG1も含めた長距離で、6戦して1度も3着以下に沈んでいない(1)シルクフェイマスだろうか。
 実際に予想勝率20%、『ダビジェネ』が筆頭に推奨する同馬ではあるが、それを遥かに上回る評価を得たのが32%の(9)ダイタクバートラム。『カツラギ』『馬券博士』に『C−Lex』までもがこの馬を不動の中心に挙げてきた。
 流れとてしては(2)と(8)が引っ張り、淡々としたペースで前の馬はかなり粘れるだろうという『Queen』の見解。そこから浮かび上がる穴馬は(2)メガスターダムや(5)ピサノクウカイで、京都記念は(9)から(5)(6)(2)(8)(11)。基本前残りながら(9)がザックリと差し切るシーンを期待したい。
 東京メーンのクイーンCは(14)ショウナンパントルと(13)パーフェクトマッチの一騎打ち想定。しかし『カツラギ』評価は予想勝率11%の(14)に対して(13)パーフェクトマッチは41%と飛び抜けており、こちらは(13)から(14)(4)(11)(3)(5)へ。4角からの直線勝負、差し比べを想定しての結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.