競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 白富士ステークス

 東京メーンの白富士Sは『C−Lex』と『ダビジェネ』、2つの予想ソフトが本命に(6)ユキノサンロイヤルの名前を挙げてきた。近13走のうち12走までは人気より上の着順に来ており、その間オープン特別では掲示板を外さぬ安定ぶり。今回も人気以上にチャンスはあると見るべきだろう。
 しかし、そこに立ちはだかるのが『カツラギ』『馬券博士』本命の(4)ピサノクウカイ。その予想勝率30%は23%で食い下がる(6)ユキノサンロイヤルや12%の(11)アルスブランカを寄せ付けず、総合では僅差だが、軸となるのはこちらだろうか。
 『Queen』の展開予想は各馬余裕の平均ペースながら、東京コースらしく差し馬の狙い。白富士Sは(4)から(6)(7)(11)に流し、(6)から(11)と(7)を押さえた計5点。4頭の争いと絞りたい。
 京都メーンの山城Sは『カツラギ』『C−Lex』『RacingWorld』など、8割以上の予想ソフトが(7)ナカヤマバスターを最上位に推奨。予想勝率の42%は14%(4)チアフルスマイルや12%(12)ローランジェネルーを大きく突き放し、こちらは(7)から(15)(3)(10)(5)(6)に流す結論になる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.