競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フェアリーステークス

 中山メーンのフェアリーSは、新潟3歳Sの4着馬に注目か。同レースの1、2着馬マイネルレコルトとショウナンパントルは後にG1馬となり、3着スムースバリトンも重賞勝ち。『カツラギ』予想勝率31%、(3)フェリシアにはこういった強調材料もある。
 しかしながら、印の数では(2)カシマフラワーがこれをアッサリと逆転。『馬券博士』『ダビジェネ』本命に加え、予想勝率25%なら軸として問題ないだろう。フェアリーSは(2)から(11)(1)(6)(16)(9)へ。
 中京メーンのCBC賞、こちらは(15)メイショウボーラーと(16)アドマイヤマックスが印を分け合った。『カツラギ』予想勝率19%の前者に対し、17%の後者は若干劣勢。しかし『C−Lex』や『DerbyQuest』など、印の数では後者が前者を上回り、こちらは(16)から(8)(1)(14)(6)(2)へ流すことになる。
 そして阪神メーンのサンスポ杯阪神牝馬S、ここは『ダビジェネ』と『カツラギ』の本命が(5)メイショウバトラーで一致した。1年ぶり2度目のマイル戦も、予想勝率40%の圧倒的評価。(5)から(16)(15)(6)(14)(7)への結論としたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.