競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 朝日杯フューチュリティステークス

 重賞を2度連対した(2)ペールギュントが中心勢力となるも、オッズが示す以上に混迷の度合いが強そうな第56回朝日杯フューチュリティステークス。各予想ソフトの指数を見てみると、これはどうやら稀に見る低レベル戦のようなのだ。
 まず『カツラギ』は(2)ペールギュントを最上位に推奨してきた。しかしながらその予想勝率は、本命馬としては最低クラスの13%。次位の12%に(15)ディープサマー、(12)マイネルハーティーに(8)ストーミーカフェの3頭が並び、さらに7%〜10%のラインに(16)(7)(10)(4)の4頭がスタンバイ。上位8頭、指数的な差は無いとさえ言えてしまう。
 とは言え、すべて紙一重の評価ながら『C−Lex』『馬券博士』と『DerbyQuest』の本命馬が(8)ストーミーカフェで一致。印の数ではこの馬が、問題なく推奨軸馬の地位を得ることとなった。
 こうなると、あとはもうドングリの背比べ。ならば流す相手は人気の無いところに限定し、朝日杯FSは(8)から(12)(3)(5)(9)(11)へ。(8)番以外の人気馬はすべて無視という極端な姿勢で臨んでみたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.