競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップ

 毎年のことではあるが、ジャパンカップ前にはこの事を告知しておかねばなるまい。ほぼすべての予想ソフトは外国馬の能力を予想できない。海外の競走データが取り込めない以上、外国馬の多くは初出走新馬の扱いとなってしまうのだ。
 ひと昔前までのJCならそれではまったく使い物にならなかったのだが、近年は日本馬が互角以上の活躍。“外国馬が来たら交通事故”ぐらいに考えられるようになったのは喜ばしいことだが、“それでも招待競走であり続ける事”を考える時期になってきたようにも思える。
 東京10RのJCダートは、『カツラギ』と『馬券博士』の本命が(10)アドマイヤドンで一致。予想勝率22%はやはりこの馬で鉄板かとも思えたのだが、驚いたことに予想ソフトの印を総合すると『DerbyQuest』本命の20%(14)タイムパラドックスがこれを逆転。ここは馬複(14)から(10)(16)(9)(6)(13)での勝負となる。
 11RのJCターフは(9)ゼンノロブロイが本命印を完全独占。予想勝率43%は2番手7%の(4)ナリタセンチュリー以下を圧倒しており、こちらは(9)から(4)(14)(12)(6)(1)へ流す結論としてみたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.