競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京阪杯

 3歳新鋭も多数参戦。第49回京阪杯は実力伯仲、ハンデ戦さながらの大変難解な一戦となりそうだ。まず『カツラギ』は予想勝率26%の(14)エリモマキシムを推奨。これを追いかける(10)カンパニーが12%で、以下11%(15)エアシェイディに10%(6)ダンツジャッジの順。ここだけを見れば(14)エリモマキシムの勢いが抜けた評価を得ているようにも見える。
 しかしながら他の予想ソフトはこの見解に同意せず。先に挙げた4頭、(14)(10)(15)(6)の馬番を、本命対抗に挙げた予想ソフトは皆無なのだ。そして、それらのソフト同士でカルテルが結ばれたわけでもない。『ダビジェネ』は(2)グレイトジャーニー、『馬券博士』は(12)ダイワエルシエーロ、『DerbyQuest』は(16)テンザンセイザを本命とするなど、それぞれがまったく異なった主張を唱えている。
 これはもはや収拾のつかない事態かとも思われたが、唯一光明と見えたのが『C−Lex』推奨の(17)番メテオバースト。これを3番手以内に挙げるソフトは多く、紙一重ながら総合ではこの馬が首位ということになる。京阪杯(17)から(14)(10)(3)(16)(6)へ。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.