競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - マイルチャンピオンシップ

 前年の1〜4着馬に、3歳牡牝と海外からの刺客も交えて行われるマイルチャンピオンシップ。(5)ファインモーションと(15)ダンスインザムードの最強牝馬対決に、多彩な伏兵陣。さらに、それらをまとめて差し切る(7)デュランダルの豪脚など、興味の尽きない一戦である。
 しかしながら、予想ソフトの本命一覧に(7)デュランダルや(5)ファインモーションの名前は見られず。データのない外国馬(3)ラクティは仕方がないとして、(5)ファインは対抗にチラホラ名前が挙がる程度。(7)デュランダルに至ってはほとんどのソフトが5番手以下というシビアな見解を打ち出してきた。
 『カツラギ』の本命は予想勝率21%の(8)テレグノシス。これに続く13%が(5)ファインモーションで、以下11%(15)ダンスインザムード、(9)バランスに10%(7)デュランダルという並び。府中にしか勝ち鞍のない(8)テレグノシスだが、『カツラギ』はそれを無視した格好か。
 とは言え、総合首位は『C−Lex』『馬券博士』『DerbyQuest』の本命一致で(15)ダンスインザムード。マイルCSは(15)から(8)(10)(9)(2)(14)への結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.