競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 札幌2歳ステークス

 6月から始まった北海道開催も最終週を迎え、肌寒さを覚える季節の札幌2歳S。2歳この時期の長距離戦は、能力はもちろん距離適性に対しても玉石混淆。暗中模索の部分が多く、人気割れ、それでいて大荒れ決着となる確率も高い。
 そういった中、『カツラギ』は予想勝率24%で(6)ストーミーカフェを最上位に挙げてきた。2番手は19%の(8)マイネルアドホックで、さらに13%(4)モエレフェニックスに11%(3)ダンツキッチョウといった順。
 しかしながら(6)ストーミーカフェは『馬券博士』の本命でもあるものの、全体評としては『C−Lex』『RacingWorld』推奨の(8)マイネルアドホックがこれを一歩リード。さらに『ダビジェネ』は(4)モエレフェニックスを本命とし、上位勢は(8)(6)(4)の3頭が4番手以下を大きく突き放しているように映る。
 万馬券製造機の異名を持つ大穴系予想ソフト『Queen』は(1)グランプリペガサスに注目。前走2番人気での大敗が距離適性によるものだとしたら、大幅延長のここでこそ面白いか。札幌2歳Sは(8)から(6)(4)(1)(7)(11)へ。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.