競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ペルセウスステークス

 本日の中山メーンはダートオープンのハンデ戦、ペルセウスS。トップハンデこそG1ホースの(5)ビッグウルフに譲ったものの、このレースで一番に注目を浴びるのは崩れない逃げ馬、まだ底を見せていない(1)プリサイスマシーンだろうか。
 予想ソフト『カツラギ』と『馬券博士』は、当然のようにこの馬を最上位に推奨。その予想勝率は31%であり、24%(8)オースミステイヤーと23%(2)カイトヒルウインドの手前、磐石とまでは言えないものの、それでも断固として首位は譲らない構えを見せてきた。
 ところが驚いたことに、『ダビジェネ』『C−Lex』共に本命として上げてきた馬が(7)オルレアン。『カツラギ』予想勝率では5%にしか評価されていないこの馬が、予想ソフトの総合としては(1)プリサイスマシーンに際どくせまる2番手に付けることになる。
 昨年の快進撃から一転、古馬になってからは冴えないレースの続く(5)ビッグウルフは3%にしか評価されず8番手。大穴予想で実績を残す『Queen』は(4)アサカブレイヴリーを波乱の立役者として推奨しており、ペルセウスSは(1)から(7)(2)(8)(3)(4)への結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.