競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 青葉賞

 4週間後の日本ダービーと同じ、東京芝2400mで行われる青葉賞。過去には今ひとつダービーとの結びつきが薄いレースとも言われていたが、前2年はシンボリクリスエスとゼンノロブロイがここを起点としてダービー2着、藤沢和雄調教師は(14)シェルゲームで3度目の正直を目指す。
 予想ソフトの評価は、やはりその(14)シェルゲームに集中した。『カツラギ』をはじめ、『ダビジェネ』や『DerbyQuest』が同馬を最上位に扱っており、『馬券博士』『RW』推奨の(5)ハイアーゲームと並び、揺ぎなき2強体制を構築。
 しかしながら『カツラギ』の弾き出した(14)シェルゲーム予想勝率は19%で、2番手16%(5)ハイアーゲーム、さらには12%(10)スウィフトカレントや10%(7)ダークマターともそれほど差のない印象。総合最上位は間違いないものの、絶対視までは避けるべきだろうか。
  (14)(5)に続く総合3番手には(7)ダークマターが入り、少々意外なところだが、大多数のソフトがこれを4番手以内に評価。青葉賞は(14)から(5)(7)(1)(9)へ流し、馬複(5)(7)を押さえた計5点が結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.