競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 高松宮記念

 昨秋驚異の追い込み脚で短距離界を席巻した(8)デュランダル、その実力は疑いようがなくとも、この小回り平坦コースにあの脚質。中京メーンの高松宮記念は、この馬の取捨が最大のポイントになることだろう。
 気になる予想ソフト達の評価だが、これが実にアッサリと“捨”を選択。『RW』が同馬を本命、『カツラギ』が対抗に推しているものの、総合では3番手以内に挙げているソフトも稀。トータルでは5番手にまで評価を落としてしまった。
 『カツラギ』の本命は予想勝率20%の(15)テンシノキセキで、次位には13%で(8)(10)(7)の3頭が併走。しかしその(15)テンシも他ソフトの推薦は受けられず、総合では3番手。ここは『ダビジェネ』『DQ』本命の(7)シーイズトウショウと、『C−Lex』『馬券博士』本命の(10)カフェボストニアンが首位が争うこととなった。
 ここまでに(3)サニングデールの名前も(2)ギャラントアローの名前も挙がっておらず、これは先の(8)デュランダルと合わせて、まったくもって意外な結果。しかし馬券的には妙味十分、高松宮記念は(7)から(10)(5)(9)(18)(11)へ流す結論としてみたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.