競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フラワーカップ

 中山メーンのフラワーカップには、クラシック有力候補と目される(10)ダンスインザムードが登場。底を見せていない無敗馬とは言え、血統的人気が先行しているようにも見える同馬だが、そういった点をシビアに判定できるのが予想ソフトの利点。2戦2勝のパフォーマンスがその人気に値するのか、ここは興味深く予想結果を抽出してみた。
 結論から先に言うと、その評価は最上級にも近いものだった。『カツラギ』をはじめ、『C−Lex』『馬券博士』など、的中率重視系ソフトの9割が同馬を本命とし、『カツラギ』計算の予想勝率は38%。単勝オッズに換算すると、1倍台でも仕方なしと言えるほどの高評価である。
 正直なところ、アナログ要素を排除したデシタル予想でこれだけ評価が偏ると考えてはいなかった。言い換えると、血統や将来性を抜きにしても、(10)ダンスインザムードが見せたパフォーマンスは素晴らしいものだったということになる。
 『カツラギ』の評価は12%(12)メイショウオスカル、11%(14)フォトジェニーと続き、フラワーCは(10)から(14)(12)(11)(7)(3)への結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.