競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クリスタルカップ

 中山メーンのクリスタルカップには、早くからここが目標だったと思われる人気馬が複数登場。中でも注目は昨年夏から半年以上、このレースを待ちわびていたようにも見えるサクラバクシンオー産駒の2頭、(8)タイセイブレーヴと(13)ナムラビッグタイムだろうか。
 ところが予想ソフトの評価はこの両頭に集まらず、的中率ナンバー1の『カツラギ』は、予想勝率18%で(1)ケージーアジュデを本命に挙げてきた。前走、前々走の指数が異様に高く出た同馬、勝ち負けになっているならまだしも、前走などは勝ち馬から2秒近くも離されての高指数。これはソフトが壊れてしまったのではないかと疑いたくもなる。
 しかし他馬や他レースを見る限り、恐らくこれで正常。16%(13)ナムラビッグタイムと15%(3)ウェディングバレー、13%(8)タイセイブレーヴの4頭で上位を形成することになった。
 予想ソフト全体では『ダビジェネ』『RW』『DQ』推奨の(3)ウェディングバレーが不動の本命として君臨。対して(2)タイキバカラは予想勝率4%の9番手にしか評価されず、これは軽視。クリスタルCは(3)から(13)(8)(1)(10)(7)の結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.