競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - きさらぎ賞

 京都メーンのきさらぎ賞には、サンデーサイレンス産駒の大物候補(6)ブラックタイドが登場。新馬戦から3戦の単勝オッズは1.7倍、1.4倍、1.2倍と圧倒的。今回もレース前、まずはその単勝オッズに注目したいところでもある。
 予想ソフトの本命票も当然のように同馬に集中し、『カツラギ』『ダビジェネ』に『馬券博士』などがこれを推奨。『カツラギ』の示す予想勝率は42%にまで達し、ここは軸不動という評価で良さそうだ。
 『カツラギ』の2番手は予想勝率16%の(11)マイネルブルックで、少し意外なところだが、予想ソフト全体でもこれを2番手に推す声が多数。『C−Lex』に至っては同馬が(6)ブラックタイドを逆転しており、約6割の予想ソフトが1点目に馬複(6)(11)を挙げることとなった。
 さらに『カツラギ』の評価は13%(3)タマモホットプレイ、10%(7)ローレルスパークと続き、残る10頭はすべて4%以下。堅軸に加え、ヒモも3頭で収まるという算段か。きさらぎ賞は穴系ソフトの推奨馬も考慮し、(6)から(11)(3)(7)(2)(1)への結論としたい。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.