競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - バレンタインステークス

 東京メーンのバレンタインSは、『C−Lex』本命の(1)アドマイヤテレサ、続いて『DerbyQuest』の(14)グラスボンバー、『RW』の(7)シンボリロッキーに『ダビジェネ』の(3)ナイキアヘッドなど、各予想ソフトの本命が分散。難解な一戦という印象が強い。
 しかしながら、『カツラギ』と『馬券博士』の本命が(8)ホワットアリーズンで一致し、軸馬不在の一戦とまではならなかった。『カツラギ』算出の予想勝率は21%、そろそろこのクラスを卒業してオープン入りを果たしてほしいところだ。
 『カツラギ』の2番手は19%の(3)ナイキアヘッドで、以下11%(14)グラスボンバーに10%(1)アドマイヤテレサといった辺り。この辺りは各予想ソフトの本命馬とほぼ一致し、(8)ホワットアリーズンが軸不動という前提ならば狙いは絞りやすいのかも知れない。
 大穴系予想ソフト『Queen』は同級3度の連対経験を持つ(6)アーサーズフェイムを推奨し、9歳馬(旧表記なら超高齢の10歳)となった同馬の走りも気になるところ。バレンタインSは、馬複で(8)から(3)(14)(1)(7)(6)への結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.