競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経新春杯

 京都メーンの日経新春杯はG2のハンデ戦、さすがに予想ソフトの評価も割れた。主要ソフトの本命は1頭たりとも一致せず、これは難解な一戦と言わざるを得ないようだ。
 そういった中、『カツラギ』は予想勝率19%で(10)カゼニフカレテを最上位に指名。これに続く2番手が18%の(4)シルクフェイマスで、さらに15%(13)タガノマイバッハや10%(9)チアズブライトリーといった辺りが上位を形成。
 その他、目立つところでは『C−Lex』推奨の(1)ダービーレグノや『DerbyQuest』が推す(6)アンクルスーパーなど。本命の印だけを見ると収拾のつかない状態ではあるが、多くのソフトが2番手に(4)シルクフェイマスの名前を挙げている点に注目。
 日経新春杯は『Queen』推奨の(14)ファイトコマンダーなども絡め、(4)から(10)(1)(6)(14)(2)に流してみたい。
 中山メーンの京成杯は、高いポテンシャルを垣間見せる(9)フォーカルポイントが重賞では珍しく予想勝率40%を超える高評価。この流れに逆らうソフトは皆無に等しく、こちらは(9)から(6)(7)(8)(10)(1)への結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.