競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップ

 東京10レースのジャパンカップは予想ソフトにとって厳しいレース。半数を占める外国招待馬のほとんどは初出走という評価になり、それらの馬に印がつくことはまず有り得ないからだ。
 しかし近年このレースは外国招待馬が人気を集めることも難しく、風潮としてはむしろ国内古馬と3歳トップグループの対決が焦点となる向き。開設当初のジャパンカップからは隔世の感がある。
 『カツラギ』と『馬券博士』の主力両ソフトは、予想勝率21%で(5)シンボリクリスエスを本命に推奨。これに続く2番手は13%の前年2着の(16)サラファンで、3番手12%(7)ツルマルボーイまでが上位の圏内。期待される3歳馬は二冠馬(8)ネオユニヴァースでさえ6%の低評価で、これは少し意外なところでもあろう。
 他のソフトに目を向けてみても『DQ』が(16)サラファンで、『C−Lex』は(7)ツルマルボーイを本命評価。加えて『Queen』シリーズが(16)サラファンを強く推奨しており、9割以上の買い目が(5)(7)(16)絡みに集中することとなった。ジャパンカップは(5)から(7)(16)(3)(17)へ流し、馬複(7)(16)を押さえる結論となる。

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.