競馬マスターズ
2019年06月23日15:36 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 村沢和英 ] ライター気分の“こんなのってあり?” - 2005年06月21日

 

競馬人にとって馬券を買う際にしてはいけない事ってあります。例を上

げると、買い足し(まず当たりません)、らしくない超過購入額(必ず散

ります)、極度の自信有り(喪失します)きりがない程にあります。

そんな中、先週土曜日より”即PAT"の本格運用が開始されました。

購入法のテストと思い(する必要はありません)さっそくNET-BANKに

入金。そこからが”してはいけない新悪夢”の始まりでした。

残高の減少が引き起こしたIPATとの変則マルチ買いへと完全移行。

両口座を巧みに(?)使っての惨劇はスローダウンする事はありません

でした。結果、私は日曜日は場外へと・・・・・。

馬券を買う際にしてはいけない事に、また一つ新種のテーマが加わり

ました。IPAT、即PATの変則マルチ買いは厳禁です。(人生に大穴

あきます)いい教訓となりました。

しかし心配な事があります。自宅から徒歩・・・というよりエレベーター

降下先に何故かATMがあるのです。

余談はさておき、今週は初夏のグランプリ”宝塚記念”ですね。

春のG1シリーズが終わり、ローカル夏競馬に突入した翌週に何故か

古馬G1。なんかピンとこないのは私だけでしょうか?

しかし当然?のことながら、馬券は買ってしまうのです。

購入意欲は間違いなく低下傾向にあるにもかかわらず。

宝塚記念は本来、古馬の頂上決戦たるレースのはずです。

レースは絶対見たい。けど馬券購入意欲は?・・・・・・。

皆さんはどう思われますか?これって絶対に開催時期の問題だと

思うのです。盛り上がった春のG1シリーズが終わり、先週より夏競馬

に突入。そんな矢先の古馬頂上決戦。なんか変だよこのローテ。

レースが盛り上がるのは、我々ファンの馬券購入意欲の向上が

不可欠だと思います。JRAのいうファンサービスって、我々ファンの馬

券購入意欲を本当に掻き立ててくれてるものなのかな?

JRAさんへ。本当のサービスの提供って我々ファンの馬券購入意欲

を向上させるものじゃないと意味が無いですよ。ファンが馬券を心から

買いたいと待ち望む。そんな環境作りこそが職務だとおもいます。

じゃないと、ゼンノロブロイやタップダンスシチーにも失礼ですよ。

 

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.