競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ まつだわたる ] 馬のきもち - 京成杯オータムハンデ予想

 

数々の予想法を持つぼくですが、その予想法の使い方を間違えると悲惨な結果が待ち受けています。予想で一番重要なことは自分が今回使う予想法を間違わないことではないかということに最近気づきました。

ということで今回はどんな予想法で予想すべきなのか?

3と9の馬番を中心に買うサンキュー馬券で行くか、それとも横山騎手騎乗の馬の隣の馬番の馬を買う横山の横を使うか?

中山の1600mはミスタープロスペクターの血をもつ馬が強いような気がする。ということで、その強い気を信用し、ミスプロ系の馬を狙ってみよう。

◎ 13 フォーカルポイント
○  8 アイルラヴァゲイン
▲  2 マイネルモルゲン
△  7 キネティクス
△  3 シャイニンルビー

馬連8−13 2−13 7−13 3−13

そもそも予想法なんて一つしかない。僕の場合は馬鹿の一つ覚えのように距離短縮だけだ。で、フォーカルポイントが本命。前走距離延長で凡走、よって今回は短縮で激走。

 

過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.